Advantage強み

フィールド

TOP > フィールド

フィールド

2018年6月に竣工した、TECHNOLOGY FARM 西の里。
産業用無人航空機の整備拠点であり、無人機の利活用サポートや
新技術開発の取り組みを行うためのコア施設です。

施設面積   3,175㎡
圃場面積   約2.86ha
フライト場面積   約1.5ha

高品質な機体整備体制

産業用無人航空機(ヘリコプター・マルチローター)を農業分野で利用するためには農林水産航空協会認定の整備事業所での定期点検が必要です。TECHNOLOGY FARM 西の里には、機体の開発を手掛けるヤマハ発動機が認定する整備資格の最高峰「ダイヤモンドクラス」の保有者をはじめとする認定整備士が在籍。最良の状態で機体をご使用いただけるよう、高品質な点検・整備を行っています。

整備場
農林水産航空協会認定の認定整備事業所です。最大8機の同時整備が可能です。
フライト場
社屋外に約1.5haのテストフライト場を有します。
格納庫
無人航空機を保管する格納庫です。整備場に隣接し、約100機の無人航空機を保管できます。
試験圃場 水田
無人航空機(ヘリコプター・マルチローター)のみならず、無人ボートも万全の整備体制を整えています。水田では、水稲栽培での除草剤散布に利用される産業用無人ボートの試走が可能です。水稲の試験栽培も行っています。
試験圃場 畑
広大な敷地を活かし、社員自らも作物を栽培して圃場の管理を行う「学びの場」です。実際に作物を育てることで、栽培のノウハウを培うことを目指しています。品種試験や農薬・肥料などの農業資材の比較試験をしており、メーカーや有識者と協力しながら日々技術の研さんに励んでいます。
土壌分析室
作物の品質と収量向上のためには適正な施肥が必要です。TECHNOLOGY FARM 西の里には施肥設計において欠かせない土壌分析を行う分析室を設置。生産者の土に関するご相談にお応えします。
緑化事業
サングリングループでは「豊かな人間環境づくりへの貢献」を企業理念として掲げております。TECHNOLOGY FARM 西の里でも、環境保全を目的に緑化事業を計画。ステークホルダーの皆様にご協賛いただき、約250本の樹木を敷地内に植樹しました。樹木は環境保全だけではなく、将来的に防風林としての役割も期待されます。