サングリン太陽園 太陽と水と土Net
産業無人ヘリコプターの利用分野
スカイテックアカデミー
メンテナンス体制
北海道における無人ヘリコプターのあゆみ
FAZER Rカタログ
産業用マルチローター
除草剤散布用無人ボート
   2. 農学博士 児玉不二雄のWeb講座 植物の病気の話
新規および適用拡大登録農薬に関する情報
太陽と水と土×Mail Magazine
ここにいいもの、美味いもの 北海道
メディア情報
YAMAHA SKYTECH
全国農薬共同組合
農薬インデックス
農林水産航空協会
本社
札幌市白石区流通センター6丁目1-18(株式会社サングリン太陽園内
事業本部/札幌北・南サービスセンター
江別市文京台42番地9号
TEL (011)387-8001
FAX (011)387-8003
旭川サービスセンター
旭川市工業団地1条2丁目1番14号
TEL/FAX (0166)76-7830
滝川サービスセンター
滝川市流通団地1丁目5-20
TEL/FAX (0125)-74-4466
函館サービスセンター
北斗市追分68番地4
TEL/FAX (0138)86-5032
  1. 北日本スカイテックトップページ > 登録農薬情報一覧 > 新規および適用拡大登録農薬に関する情報

登録農薬情報 12月号
登録農薬情報12月号のPDFはこちら→

最新登録農薬情報(11月20日付)のお知らせ

※記載内容に誤りが無いよう極力注意しておりますが、農薬の使用にあたっては必ず商品ラベルの表示を確認し、ラベルの記載どおりに使用してください。


登録変更年月日:平成25年11月20日
商品名:【デビュー乳剤】
◆種類名:フェンブコナゾール乳剤
◆分類:殺菌剤
◆変更の内容:希釈倍数・使用液量の追加
◆作物名:てんさい
◆適用病害虫名:褐斑病
◆希釈倍数:「200倍」の追加
◆使用液量:「25L/10a」の追加

登録変更年月日:平成25年11月20日
商品名:【デルカット乳剤】
◆種類名:オキサジアゾン・ブタクロール乳剤
◆分類:水稲除草剤
◆変更の内容:ブタクロールを含む農薬の総使用回数の変更
◆作物名:移植水稲
◆ブタクロールを含む農薬の総使用回数:「1回」→「2回以内」に変更

登録変更年月日:平成25年11月20日
商品名:【メガゼータ1キロ粒剤】
◆種類名:ピラクロニル・プロピリスルフロン粒剤
◆分類:水稲除草剤
◆変更の内容<1>:使用方法の変更
◆作物名:移植水稲、直播水稲
◆使用方法:「湛水散布」→「湛水散布又は無人ヘリコプターによる散布」に変更
◆変更の内容<2>:適用土壌の変更
◆作物名:直播水稲
◆適用土壌:「壌土~埴土」→「砂壌土~埴土」に変更

登録変更年月日:平成25年11月20日
商品名:【パダンSG水溶剤】
◆種類名:カルタップ水溶剤
◆分類:殺虫剤
◆変更の内容<1>:使用時期の変更
◆作物名:はとむぎ
◆使用時期:「収穫21日前まで」→「収穫14日前まで」に変更
◆変更の内容<2>:希釈倍数の削除(使用制限となる登録変更)
◆作物名:だいこん
◆希釈倍数:「1000倍」の削除
◆変更の内容<3>作物名の変更(使用制限となる登録変更)
◆作物名:「ぶどう」→「大粒種ぶどう」に変更

登録変更年月日:平成25年11月20日
商品名:【サイアノックス乳剤】
◆種類名:CYAP乳剤
◆分類:殺虫剤
◆変更の内容<1>:使用時期の変更(使用制限となる登録変更)
◆作物名:きゅうり
◆使用時期:「収穫前日まで」→「収穫開始3日前まで」に変更
◆変更の内容<2>:使用液量の表記
◆作物名:あずき、いんげんまめ、きく、キャベツ、きゅうり、だいこん、だいず、たまねぎ、なす、ねぎ、はくさい、ばら
◆使用液量:「100~300L/10a」の追加

登録変更年月日:平成25年11月20日
商品名:【サイアノックス粉剤】
◆種類名:CYAP粉剤
◆分類:殺虫剤
◆変更の内容<1>:使用時期の変更(使用制限となる登録変更)
◆作物名(1):きゅうり
◆使用時期:「収穫前日まで」→「収穫開始3日前まで」に変更
◆作物名(2):キャベツ
◆使用時期:「収穫14日前まで」→「収穫21日前まで」に変更
◆変更の内容<2>:作物名の削除(使用制限となる登録変更)
◆作物名:「ブロッコリー」の削除

登録変更年月日:平成25年11月20日
商品名:【サイアノックス水和剤】
◆種類名:CYAP水和剤
◆分類:殺虫剤
◆変更の内容<1>:使用時期の変更(使用制限となる登録変更)
◆作物名(1):りんご
◆使用時期:「収穫30日前まで」→「収穫45日前まで」に変更
◆作物名(2):もも
◆使用時期:「収穫14日前まで」→「収穫21日前まで」に変更
◆変更の内容<2>:本剤の使用回数及びCYAPを含む農薬の総使用回数の変更(使用制限となる登録変更)
◆作物名:りんご、マルメロ
◆本剤の使用回数及びCYAPを含む農薬の総使用回数:「3回以内」→「2回以内」に変更
◆変更の内容<3>:使用液量の表記
◆作物名:おうとう、かき、すもも、なし(無袋栽培)、なし(有袋栽培)、ネクタリン、ぶどう、ブルーベリー、マルメロ、みかん、もも、りんご
◆使用液量:「200~700L/10a」の追加

登録変更年月日:平成25年11月20日
商品名:【カリグリーン】
◆種類名:炭酸水素カリウム水溶剤
◆分類:殺菌剤
◆変更の内容:作物名の追加
◆作物名:「りんご」の追加
◆適用病害虫名:うどんこ病

登録変更年月日:平成25年11月20日
商品名:【プランダム乳剤25】
◆種類名:ジフェノコナゾール乳剤
◆分類:殺菌剤
◆変更の内容:作物名の追加
◆作物名:「だいず」の追加
◆適用病害虫名:紫斑病
◆希釈倍数:3000~5000倍
◆使用時期:開花後~収穫7日前まで

登録変更年月日:平成25年11月20日
商品名:【トリガード液剤】
◆種類名:シロマジン液剤
◆分類:殺虫剤
◆作物名:花き類・観葉植物
◆変更の内容<1>:適用病害虫名及び使用方法の追加
◆適用病害虫名:「クロバネキノコバエ類」の追加
◆使用方法:「土壌潅注」の追加
◆変更の内容<2>:シロマジンを含む農薬の総使用回数の変更
◆シロマジンを含む農薬の総使用回数:「4回以内」→「5回以内(但し、土壌潅注は1回以内、散布は4回以内)」に変更

登録変更年月日:平成25年11月20日
商品名:【キックオフ顆粒水和剤】
◆種類名:クロラントラニリプロール・ジノテフラン水和剤
◆分類:殺虫剤
◆変更の内容:作物名の追加
◆作物名:「ねぎ」の追加
◆適用病害虫名:ハモグリバエ類、アザミウマ類
◆希釈倍数:100倍
◆使用液量:セル成型育苗トレイ1箱またはペーパーポット1冊(30×60cm・使用土壌約1.5~4.0L)あたり0.5L
◆使用時期:定植前日~定植時
◆本剤の使用回数:1回
◆使用方法:潅注

登録変更年月日:平成25年11月20日
商品名:【エスレル10】
◆種類名:エテホン液剤
◆分類:植物成長調整剤
◆変更の内容:作物名の変更(使用制限となる登録変更)
◆作物名:「麦類(小麦を除く)」→「大麦」に変更

登録変更年月日:平成25年11月20日
商品名:【アグレプト液剤】
◆種類名:ストレプトマイシン液剤
◆分類:殺菌剤
◆作物名:ばれいしょ
◆変更の内容<1>:希釈倍数の変更
◆適用病害虫名:軟腐病
◆希釈倍数:「1000倍」→「1000~2000倍」に変更
◆変更の内容<2>:希釈倍数及び使用方法の追加
◆適用病害虫名:そうか病
◆希釈倍数:「60~100倍」の追加
◆使用方法:「種いも100kg当り2.5~3Lを散布」の追加
◆変更の内容<3>:使用方法の追加
◆適用病害虫名:黒あし病
◆使用方法:「種いも100kg当り3Lを散布」の追加

※希釈倍数、使用液量、本剤の使用回数等は掲載しておりません。ご使用の際は必ず商品ラベルの登録内容を確認して下さい。
最新情報一覧を見るこれまでの登録農薬情報を見る


最新登録農薬情報(11月6日付)のお知らせ

※記載内容に誤りが無いよう極力注意しておりますが、農薬の使用にあたっては必ず商品ラベルの表示を確認し、ラベルの記載どおりに使用してください。


登録変更年月日:平成25年11月6日
◆商品名:【プリンススピノ粒剤6】
◆種類名:スピノサド・フィプロニル粒剤
◆分類:殺虫剤
◆変更の内容:新規登録
◆作物名:稲(箱育苗)
◆適用病害虫名:イネミズゾウムシ、イネドロオイムシ、ウンカ類、ニカメイチュウ、イネツトムシ、フタオビコヤガ、イナゴ類
◆使用量:育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50g
◆使用時期:は種時(覆土前)~移植当日
◆使用方法:育苗箱の上から均一に散布する

登録変更年月日:平成25年11月6日
商品名:【まくぴか】
◆分類:展着剤
◆変更の内容:適用農薬名の追加
◆作物名:てんさい
◆適用農薬名:「フェンメディファム乳剤」、「メタミトロン水和剤」の追加
◆散布液10L当り使用量:1~3.3mL (10000倍~3000倍)
◆使用方法:添加

登録変更年月日:平成25年11月6日
商品名:【アクタラ粒剤5】
◆種類名:チアメトキサム粒剤
◆分類:殺虫剤
◆変更の内容:適用病害虫名の追加
◆作物名:やまのいも
◆適用病害虫名:「ナガイモコガ」の追加
◆使用量:6kg/10a

登録変更年月日:平成25年11月6日
商品名:【ハクサップ水和剤】
◆種類名:フェンバレレート・マラソン水和剤
◆分類:殺虫剤
◆変更の内容<1>:適用病害虫名の追加
◆作物名:はくさい
◆適用病害虫名:「カブラハバチ」の追加
◆希釈倍数:1000~2000倍
◆変更の内容<2>:使用液量の表記
◆作物名:かんしょ、さといも、なす、キャベツ、ブロッコリー、はくさい、だいこん、レタス、リーフレタス
◆使用液量:「100~300L/10a」の追加

登録変更年月日:平成25年11月6日
商品名:【キルパー】
◆種類名:カーバムナトリウム塩液剤
◆分類:土壌くん蒸剤
◆変更の内容<1>:使用目的の追加
◆作物名:トマト、ミニトマト
◆使用目的:「コナジラミ類蔓延防止」、「古株枯死」の追加
◆使用量:原液として60L/10a
◆使用時期:前作終了後からは種又は定植の15~24日前まで
◆本剤の使用回数:1回
◆使用方法:予め被覆した内で、所定量の薬液を水で希釈し土壌表面に散布または潅水する。
◆変更の内容<2>:使用方法の追加
◆作物名(1):にら
◆使用目的:古株枯死
◆使用方法:「所定量の薬液を土壌表面に散布し、直ちに混和し被覆する。」の追加
◆作物名(2):にんにく
◆適用病害虫名:イモグサレセンチュウ
◆使用方法:「所定量の薬液を土壌中約15cmの深さに注入し、直ちに被覆または覆土・鎮圧する。」の追加

登録変更年月日:平成25年11月6日
商品名:【ICボルドー66D】
◆種類名:銅水和剤
◆分類:殺菌剤
◆変更の内容<1>:作物名の追加
◆作物名(1):「しょうが」の追加
◆適用病害虫名:白星病
◆希釈倍数:50~100倍
◆使用方法:散布
◆作物名(2):「いちじく」の追加
◆適用病害虫名:株枯病
◆希釈倍数:2~4倍
◆使用液量:1~5L/樹
◆使用方法:株元潅注
◆変更の内容<2>:適用病害虫名の追加
◆作物名:おうとう
◆適用病害虫名:「灰星病」の追加
◆希釈倍数:40倍
◆使用方法:散布

登録変更年月日:平成25年11月6日
商品名:【ムソウジャンボ】
◆種類名:ピリミスルファン・メフェナセット粒剤
◆分類:水稲除草剤
◆変更の内容:適用地帯の追加
◆作物名:移植水稲
◆適用雑草名:水田一年生雑草及びマツバイ、ホタルイ、ウリカワ、ミズガヤツリ(北海道を除く)、ヘラオモダカ(北海道、東北)、クログワイ(東北、近畿・中国・四国)、オモダカ(東北、近畿・中国・四国)、ヒルムシロ、セリ
◆使用時期:移植後3日~ノビエ2.5葉期ただし、移植後30日まで
◆適用土壌:壌土~埴土
◆使用量:小包装(パック)10個(250g)/10a
◆本剤の使用回数:1回
◆使用方法:水田に小包装(パック)のまま投げ入れる
◆適用地帯:「北海道、九州の普通期及び早期栽培地帯」の追加

登録変更年月日:平成25年11月6日
商品名:【マットタブジャンボ】
◆種類名:クミルロン・テニルクロール粒剤
◆分類:水稲除草剤
◆変更の内容:使用量の追加
◆作物名:移植水稲
◆適用雑草名:水田一年生雑草及びマツバイ、ホタルイ、ミズガヤツリ(北陸)
◆使用時期:移植後1日~ノビエ1葉期ただし、移植後30日まで
◆適用土壌:壌土~埴土
◆使用量:「5個(250g)/10a」の追加
◆本剤の使用回数:1回
◆使用方法:水田に投げ入れる
◆適用地帯:北海道

登録変更年月日:平成25年11月6日
商品名:【ゼータワンフロアブル】
◆種類名:プロピリスルフロン水和剤
◆分類:水稲除草剤
◆変更の内容:使用方法の変更
◆作物名:移植水稲
◆適用雑草名:水田一年生雑草及びマツバイ、ホタルイ、ウリカワ、ミズガヤツリ(北海道を除く)、ヘラオモダカ(北海道、東北)、ヒルムシロ、セリ、エゾノサヤヌカグサ(北海道)、シズイ(東北)、オモダカ、クログワイ(北海道を除く)、コウキヤガラ(北海道、北陸を除く)
◆使用時期:移植後5日~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで
◆適用土壌:砂壌土~埴土
◆使用量:500mL/10a
◆本剤の使用回数:2回以内
◆使用方法:「原液湛水散布」→「原液湛水散布又は水口施用」に変更
◆適用地帯:全域の普通期及び早期栽培地帯

※希釈倍数、使用液量、本剤の使用回数等は掲載しておりません。ご使用の際は必ず商品ラベルの登録内容を確認して下さい。
最新情報一覧を見るこれまでの登録農薬情報を見る


ページのトップへ